ピアノレッスンの思い出

3歳のころから、大手の音楽教室のリズム教室なるものに通い、4歳になったらオルガンへ、2年通ってその後当たり前のようにピアノのレッスンに通うようになった。
週に1回、祖母とバスで教室へ。
初めは楽しんで通っていたものの、そもそも面倒くさがり屋の私。

 

練習もせずレッスンに行ので、全く進まず・・・。
元来コツコツと言うのが苦手で(要するに飽きっぽい)、そのうち先生から「練習したの?」と叱られるようになり、ピアノ自体が嫌になってしまい5年生で辞めてしまった。
今思うと厳しい家計の中、レッスン代を捻出したくれていた父には申し訳ないことをしたと思う。

 

1年生から5年生まで、どこまで進んだかと言うと、バイエル(下)が途中までという、本当にどれだけサボっていたかという進み具合だった。
でも今になると、もっとまじめにやっておけばよかったと思う。
何故か。

 

実は息子が小2の1月から中3の今までピアノを続けているが、全く練習をしないというのは私と一緒なのに、彼は発表会でソナチネなんかを弾きこなしている。
そんな姿を見ると「継続って大事だな」と思う。
それに、弾けるってやっぱりカッコイイ。

 

大人になって後悔。
もう少し自分にも余裕ができたら、再開してみたいなと思う今日この頃だ。

 

 

 

我が家にピアノが届いたのは’以前からピアノが欲しかった父の念願’でした。私は小学3年生になってから習わせて貰える事になったのですが、あまり興味がなかったのと、ピアノがいつでも弾ける場所になかったのとで「黄色のバイエル」の最後で辞めてしまいました。それからピアノは弾けないでいたのですが、転機は高校生になってから起こりました。近所に「東京芸術大学ピアノ科卒業」の若い女性のピアノの先生がいらしたのです。私は、’何とか弾けるようになりたい’と思い、一念発起して練習に励みました。(高校1年から短大2年まで続けました。)ハノンで指の練習・バッハのメヌエットから始まり、ソナチネ・ソナタ・ショパンのワルツも取...
今でもピアノ練習がやりたい自分がいてピアノが恋しいの続きはこちら
娘はピアノを習い始めて6年になります。今ではよく耳にするような名曲も弾けるようになり、楽譜もだいぶすらすらと読めるようになりました。ここまでくるまで、毎日親子二人三脚で練習を頑張ってきました。忙しくて練習がつらい時期もありましたが、娘は音楽が好きで、何よりピアノを弾くことが好きだったので、毎日必ず練習をしていました。この前久しぶりに、娘がピアノを始めて1年目にあったピアノの発表会のビデオを観てみたんです。まだあどけない娘が小さな手で一生懸命にピアノを弾く姿を見て、思わず目頭があつくなりました。そして当時のことがまるで昨日のようによみがえってきたのです。初めてのピアノの発表会で、子供よりも私の方...
娘の成長するそばにはいつもピアノがあったの続きはこちら
小学校低学年の時に、ピアノが弾ける友達が居ました。大人しか弾けないと思っていたので、友達が弾いているのを見て衝撃を受けました。ピアノが弾けるのって、物凄く格好が良くて素敵だと思ったので、両親に御願いをしてピアノ教室に通い始めました。ピアノの先生は、お爺さんでしたが、青・赤鉛筆を使って、左手は青・右手は赤と色分けをして教えてくれました。バイエルの赤本は、子供からすればとても分厚く感じましたが、一つの曲が終わり新しい曲に挑戦する時のワクワク感は、今でも覚えています。教室に通う他の生徒が、更に難しい曲に挑戦しているのを間近で見て、凄く羨ましくなったのも覚えています。中高生になると、もっと色んな曲を弾...
友達がピアノの楽しさを教えてくれた感謝の気持ちの続きはこちら
子供の頃、姉がピアノを習っていたのを羨ましく思い、親に無理を言ってわたしもピアノ教室に通わせてもらいました。姉のすることは何でも羨ましく思う子供でした。当時、私は幼稚園児でなかなかピアノを覚えられなかったことを覚えています。そんな中、ピアノの発表会が開かれることになって教室のメンバー6人くらいで出席し、みんなで曲を演奏することになりました。曲目はジブリのトトロで流れる曲にしました。私はそのメンバーのなかでも最年少だったため何故か歌の担当になりマイクを持って歌いました。他の人はピアノとか、ドラムとか、鉄琴などの楽器を演奏していたのに子供ながら歌うのを嫌がっていました。今思い出すと、懐かしい思い出...
ピアノの発表会で感じた成長と感動の続きはこちら
私は小学生の頃、ピアノを習っていたのですが、どうも性に合わないらしく、上達しないうちにやめてしまいました。ところが、その後、進学して大学生になった時、私の入った学科ではピアノの実習が必須科目だったため、いやでもピアノを弾かなくてはなりませんでした。一生懸命練習しても、なかなかうまく弾けず、大学で練習する日が続きました。家には当時、ピアノが無かったため、ピアノを持っている友人の家に練習しにいくこともありました。恥ずかしながら、曲自体は簡単なものだったので、得意な人にしてみれば「なんでこんなのが弾けないの?」と言われても不思議ではなかったと思います。ですから、先生にもテストのたびにため息をつかれ、...
弾けないけれど大好きなピアノの続きはこちら

このページの先頭へ戻る